恋愛っていいなと思った瞬間

高校時代に始めて彼氏が出来てから、出会いと別れを繰り返して気づけば20代後半になりました。私はいわゆる「ダメンズ好き」と呼ばれるタイプの人間のようで、付き合う人付き合う人、疲れたり、悲しくなったり、感情の変化が毎日さまざまで恋愛が楽しいことよりもつらいことが多くて、恋愛が素敵って世間では言われているけど、「恋愛のどこが楽しいんだろう。」っていつも思いながら過ごしていました。付き合う方はもちろん好きな人と恋愛の上お付き合いに繋がるはずなのに、気づけば束縛の強い男になったり、ヒモになったり、友達から別れることを進められたり・・・。どうしても質の良い恋愛をしていると思えなくて、一度恋愛から離れる生活を3年程続けました。

その間は、自分の好きなことを好きなだけやって、オシャレを心行くまま楽しんで、もっと素敵な自分になれるように自分のためにお稽古を始めたり英語を勉強してみたり、めまぐるしく、あっという間に3年が過ぎた頃、強くアタックしてくる年下の彼と出会い、その根気強さに負けてお付き合いをしてみると、今までにない心地よさが。年下ということもあってか、肩肘をはって過ごさなくて良いからか疲れない。それにニコニコと笑顔が可愛くて癒される。「あぁ、これが世間が言っている恋愛は良いよ」といわれるものなのかなぁ、と実感した瞬間でした。それと同時に今までは、彼のいいなりだった自分が、3年間恋愛を止めて自分磨きをした結果、自分に自信をもてた事も大きいと今では思っています。

やっぱり自分を好きになれないような女を、男性も大切にしてくれませんよね。素敵な恋愛をするためには、自分磨きは必須と知ることが出来て良かったです。やっぱり女性は愛されていると思えると幸せです。つらい恋愛をしている方は、もっと良い人が絶対にいると思うので、自分を大切にすることを1番に考えて欲しいなと今では思います。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ